「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景

stork.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 01日

ウ ミ ガ メ No.2

昨日のことです。  通りすがり、海岸にウミガメの屍骸が漂着しているのが目に止まりました。
体長1メートル以上もある大きさで、甲羅は一部剥がれ落ち 頭部は白骨化しています。
はじめて 漂着したウミガメに遭遇したのは 4年前の ちょうど今ごろで、今回が2度目になります。
d0039021_18453985.jpg


d0039021_18455243.jpg


夕方 もう一度 行って見ると 潮が満ちはじめ、ウミガメは ひたひたと波に洗われていました。
d0039021_1851050.jpg


d0039021_1851883.jpg


気がかりだったので、今朝は いつもより早起きして 現場に駆けつけてみたら、 案の定 跡形もなく ふたたび 海に戻されていました ・ ・ ・。

by y_stork | 2010-06-01 18:57 | Comments(4)
Commented by kiyooku at 2010-06-01 22:44
今晩は
自然の姿は時として凄いですね。
厳しい自然に頑張って、負けても勝っても大変ですね。
皆頑張って居るんですよね。
Commented by y_stork at 2010-06-02 20:07
kiyooku さん、 
このウミガメ、天寿を全うしたのか 事故死なのか 分かりませんが、
気の毒な最期の姿を目の当たりにして、あらためて自然界の厳しさを かみしめました。
Commented by しみず at 2010-06-04 00:45 x
おひさしぶりです。
すすす、すごい…!!!あ、頭が白骨化している…!
遠目から撮られた写真が物悲しさを醸し出しています。。。
Commented by y_stork at 2010-06-04 22:05
しみず さん、 
何もない砂浜にポツンと ・ ・ ・ たしかに物悲しい光景ですよね。
人が乗っても平気そうな大きさだけに、正視に堪えないような強いインパクトがあります。


<< ム ク ド リ No.17      ツ バ メ No.7 >>