「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景

stork.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 09月 04日

水  墨  画

ちょうど陽光が雲にさえぎられて翳ったとき、波が引いた後に居たのは ただ1羽のコサギのみ。
モノクロに設定して撮ったわけでも、あとでモノクロに変換したわけでもないのに、みごとに色彩が消え失せて、まさに一幅の水墨画といったところ。
d0039021_1455923.jpg


# by y_stork | 2005-09-04 14:06 | Comments(2)
2005年 09月 03日

コ サ ギ No.4

津久井川支流の暗渠入口付近で。 背景の暗さの効果で予想外にコサギのイメージが立体的に浮き上がってきました。
d0039021_20123189.jpg


# by y_stork | 2005-09-03 20:13 | Comments(2)
2005年 09月 02日

去 り 行 く 夏 に No.1

津久井海岸にて。 せまってきた夏の終わりを なごり惜しんでいるような ・ ・ ・。
d0039021_2019257.jpg


# by y_stork | 2005-09-02 19:55 | Comments(0)
2005年 09月 01日

飛  翔 No.13

強い意志のもとに厳しい表情で飛んでいるかのようですが、実は あまりに暑いので口を開いているだけです。
d0039021_20201739.jpg


# by y_stork | 2005-09-01 18:14 | Comments(0)
2005年 08月 31日

受 難 の ウ ミ ネ コ No.3

シリーズ 1,2 とおなじ場所で。 「同病あいあわれむ」という言葉があるが、右足が麻痺したのと右足首を無くしたのと2羽のウミネコが となり合ってたたずんでいて、偶然というにしては 最近こんな光景を目にする機会が多すぎる気がするけど ・ ・ ・。
d0039021_11111454.jpg


# by y_stork | 2005-08-31 17:52 | Comments(0)
2005年 08月 30日

受 難 の ウ ミ ネ コ No.2

d0039021_2021267.jpg
d0039021_5392842.jpg
津久井海岸にて。 ウミネコの幼鳥。 人生(?)これからというときに左足を付根から失ってしまって・・・。
因果関係はわからないけどテグスがそのあたりから垂れております。


d0039021_1114452.jpg

d0039021_20113219.jpg

私が接近したので飛び立ちましたが、うしろにテグスと重りをを付けたままなのが見てとれます。
このコメント、できるだけ客観的に記そうとつとめていますが、心中おだやかではありません。

# by y_stork | 2005-08-30 06:00 | Comments(0)
2005年 08月 29日

受 難 の ウ ミ ネ コ No.1

d0039021_8222412.jpg



d0039021_8224693.jpg

津久井海岸にて。 左足先が内側に曲がったまま硬直しています。 よく見ると くるぶしの上の部分に かなり幅広にきつく締め付けられたような跡があり、くびれたままになっています。 これも やはりテグスが絡まって徐々に締まっていった結果なのでしょうか。

# by y_stork | 2005-08-29 08:26 | Comments(2)
2005年 08月 28日

津久井川 河口 ・ ユリカモメ登場

d0039021_11283092.jpg
こちらも両岸は海藻だらけ。
でも 不思議なもので何日か経つうちに波にさらわれて再び海に戻されるか、あるいは ひからびて砂と同化したりして自然に消えて無くなるのです。



d0039021_17264722.jpg
夕方、津久井川の河口付近の海岸に100羽ほどいたウミネコの中に ユリカモメを 3羽発見。
今期初登場ですが まさか 春からずっと居残っていたということはないでしょうね。 というのも、昨年は初めて見たのは十月過ぎてからでしたので。

# by y_stork | 2005-08-28 13:59 | Comments(0)
2005年 08月 27日

抜 き 足 差 し 足

津久井川にて。 獲物を狙うホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)。
まだ 人が怖い存在だという刷り込みが無いようで 2~3メートル近づいても警戒されず、私はいい人だったんだと何だかうれしくなってしまいました ^^。
d0039021_14195652.jpg




前日アップした海岸の同じ場所、一日経ってすごいことになっております。 でも海藻は仕方がないとしても 空き缶はどうにかならないのでしょうか。
昔はこんなことはなかったと 最近の公徳心の欠如を嘆く古老(もしかして自分?)の方、
あなたの子供の頃は 缶入り飲料・ペットボトル自体が存在しなかったですから、ポイ捨てしようにも・・・。
d0039021_18344417.jpg


# by y_stork | 2005-08-27 14:21 | Comments(0)
2005年 08月 26日

11 号 台 風

d0039021_11471156.jpg

初めての体験でした。 夜中の2時ごろ、たたきつけるような風雨の物音に目覚め、海側に面したアルミサッシの硝子戸に目を向けると下のレールの所から泉みたいに雨水が湧き出していて、あたり一面水浸しの状態。 記念にと一枚撮ったけど、水が透明なだけに この画像でわかって頂けるかどうか。





d0039021_21132661.jpg
お決まりの台風からのおみやげ。 海藻やゴミが続々と打ち上げられております。


# by y_stork | 2005-08-26 09:14 | Comments(0)