「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景

stork.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 06月 14日

眼   力

猛禽類だけあって なかなかの威圧感がありますが、実際には 見た感じよりは トンビはおとなしいように思えます。
鎌倉の周辺で餌付けで馴らされて人の持ち物などをさらうようになったといった話は 当地ではあまり耳にしません。
d0039021_117164.jpg


d0039021_1174177.jpg


# by y_stork | 2005-06-14 16:55 | Comments(0)
2005年 06月 13日

コ サ ギ No.1

波うちぎわの水深の浅いところで辛抱強く獲物を待ちます。
じっと身動きもせず小魚がやってくるのを待ち続けるコサギ。 そしてまたそのコサギをじっと見続ける閑人(ひまじん)。 自分か!
d0039021_1852678.jpg


# by y_stork | 2005-06-13 17:20 | Comments(0)
2005年 06月 12日

牧 水 歌 碑

長沢海岸にて。
「しら鳥はかなしからずやそらの青 海のあをにもそまずただよふ」
大正時代、夫人の病気療養のため2年ほど当地に滞在したときに詠んだ歌。
「しら鳥」 は ハクチョウではなくカモメ(おそらくウミネコ)といわれています。このあたりにハクチョウは飛来しません。
d0039021_15184029.jpg


# by y_stork | 2005-06-12 11:07 | Comments(2)
2005年 06月 11日

は ぐ れ カ モ メ No.1

なにか演歌のタイトルにしたいような・・・。 家の前の浜辺に普段あまり見かけないカモメが一羽。 名前はわかりません。
大またでさっそうと闊歩しているように見えますが、実は私が近づいたので少し距離をおこうとしているだけです。
d0039021_1422078.jpg
※ 斯界の権威 氏原巨雄 氏 (http://larus.hp.infoseek.co.jp/index.html ) のご教示により、
「オオセグロカモメ(第1回夏羽)」と判明しました。   6/17


# by y_stork | 2005-06-11 11:40 | Comments(0)
2005年 06月 10日

カ  ニ No.1

d0039021_1628346.jpg横須賀・津久井川にて。

子供のころは意味もなく捕まえては足をもぎ取ったりとか残酷な遊びをしたものです。
今ではとても出来ません。
部屋に入り込んだハエですら そっと窓の外に逃がしてやる やさしいおじ( い?)さんです。



d0039021_10331872.jpg


# by y_stork | 2005-06-10 11:35 | Comments(2)
2005年 06月 09日

カ ル ガ モ No.2

横須賀・津久井川にて。水面に映った地上の建物の影が、カルガモの動きで面白い波紋を描き出します。
d0039021_1111469.jpg


d0039021_1112038.jpg


# by y_stork | 2005-06-09 14:22 | Comments(0)
2005年 06月 08日

怒 り キ ャ ラ

カモメ界の “ カンニング竹山 ” と言われております。
d0039021_20375380.jpg


# by y_stork | 2005-06-08 20:21 | Comments(0)
2005年 06月 07日

三  羽  烏

カモメだから「三羽鴎」ですか。 それとも「三勇士」? 
そう云えば小学生のころ同じクラスの女子に器量よしで成績もいい仲良し3人グループがいて男子たちがヤッカミ半分に“三勇士”と呼んでいたっけ。
d0039021_18174665.jpg


# by y_stork | 2005-06-07 17:04 | Comments(0)
2005年 06月 06日

孤  影 NO.2

消波ブロックの上で。正しい姿勢に好感が持てました。
d0039021_15194233.jpg


# by y_stork | 2005-06-06 16:58 | Comments(0)
2005年 06月 05日

鋸  山 No.3

今日は一日中はっきりしない空模様で、対岸も霞んだままでした。まるで水墨画の世界です。かすかに見える釣舟の赤いマストが唯一の色彩です。
d0039021_181933.jpg


# by y_stork | 2005-06-05 16:50 | Comments(0)