「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景

stork.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 27日

ア オ サ ギ No.51

雨で増水した 地元 津久井川の河口で、水中から跳ね上がった魚が 運悪く砂の上に着地してしまいました。
それまで 流れの中で魚を待ち伏せしていたアオサギが、砂地でピチピチ跳ねている魚に気づいて陸に上がってきましたが、
じっと眺めるだけで食べようとしません。
やがて 魚に背を向けて離れて行きました。 なんとも不可解なアオサギの行動でした。
d0039021_18541539.jpg


d0039021_18542313.jpg


d0039021_18542997.jpg


d0039021_18543591.jpg


d0039021_18544258.jpg


d0039021_18544811.jpg


跳ね回って 砂まみれになって取り残された魚 。
d0039021_18555690.jpg


by y_stork | 2010-09-27 18:56 | Comments(2)
Commented by lemon080911 at 2010-09-27 19:18
砂まみれの魚は 食べたくなかったんだねw 
Commented by y_stork at 2010-09-28 07:09
Lemon さん、 
アオサギは、泳いでいる魚しか捕らないというプライドがあるのかも・・・(笑)。
カモメは、砂まみれの魚は 一度 水の中に落としてから食べますね。


<< ト  ビ No.38      ア オ サ ギ No.50 >>