「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景

stork.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 25日

攻撃を仕掛けるカラス No.2

大半の仲間は すでに北方へ渡ってしまい だれも居なくなった浜辺に 独り淋しく うずくまっていたユリカモメに襲いかかる 2羽のカラス。
カラスは、相手が弱っていると分かると、たとえ生きていても 容赦なく攻撃を仕掛けます。
d0039021_183839.jpg


わずかの隙をついて海上に逃げたユリカモメを、なおも追いかけるカラス
d0039021_18393883.jpg


足指で掴んで引っ張り上げようとしますが、ト ビ の ようには いきません ・ ・ ・ 。
d0039021_1849293.jpg


あきらめて、岸へ引き返そうと ・ ・ ・
d0039021_18432432.jpg


少しずつ沖の方へ流されて行きましたが、体調の悪そうな このユリカモメ、元気になってくれると良いのですが ・ ・ ・ 。
それにしても、憎たらしい カ ラ ス!
d0039021_18473922.jpg


by y_stork | 2012-05-25 18:50 | Comments(2)
Commented by J.Seagull at 2012-05-26 00:51 x
もしかしたら、先週の翼が垂れたままの個体でしょうか・・・?
今日(日付が変わってしまいましたが)は、ネットニュースで、タコに水中に引きずり込まれてしまったカモメの写真も見たところでした(><)
自然は厳しいです・・・
Commented by y_stork at 2012-05-26 19:06
J.Seagull さん、 
見る方向にもよりますが、こちらのほうが 頭部の斑が いくぶん濃いような ・ ・ ・ 。
にくらしいカラスですが、カラスにはカラスの事情があり、それぞれ 生きて行く上での 厳しい試練ですね。


<< オオセグロカモメの水浴び No.2      キョウジョシギ & キアシシギ >>