「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景

stork.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 12日

受難のセグロカモメ No.3

仲間といっしょに波打ち際に佇んでいたセグロカモメの若鳥 。 何か クチバシから奇妙な物が垂れ下がっていたので ・ ・ ・
d0039021_18344428.jpg


d0039021_18345214.jpg


良く見ると、何と 疑似餌の付いた釣針が クチバシに引っ掛かっていたのでした ・ ・ ・ 。
d0039021_18374456.jpg


d0039021_18375419.jpg


d0039021_1838355.jpg


人間共の不注意のせいで とんだ災難に遭ってしまって本当に申し訳ないことですが、
何とか保護出来ないかと 少し近寄っただけで、飛び去られてしまいました ・ ・ ・ 。
d0039021_18381065.jpg


by y_stork | 2013-03-12 18:48 | Comments(2)
Commented by J.Seagull at 2013-03-13 00:20 x
痛々しいですね・・・。
釣り針が見えているようなので、運が良ければ外れる可能性もゼロではないでしょうが・・・。
Commented by y_stork at 2013-03-13 22:41
J.Seagull さん、 
釣針は 喉の奥まで入り込んでは いないので、黙って私の腕の中に飛び込んで来てくれれば、
すぐにでも楽にしてあげられるのに、残念です。 今日は、姿を見せなかったですが ・ ・ ・ 。


<< 水 浴 び す る カ モ メ...      コ サ ギ & カ モ メ >>