「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景

stork.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 08月 24日

飛  翔 No.51

飛 び な が ら 頭 を 掻 い て い る ウ ミ ネ コ
d0039021_18392096.jpg


d0039021_1839305.jpg


重りの付いた テグスらしき物が 足に巻きついたまま 飛んでいます。
d0039021_18414482.jpg


d0039021_18415198.jpg






d0039021_18274943.jpg


by y_stork | 2007-08-24 18:41 | Comments(2)
Commented by cbx400fk2 at 2007-08-24 23:02
飛びながら頭を掻いているウミネコさん、降りてから掻くのが面倒なのか、降りるまで我慢できないのか...。そういえば、ユリカモメが飛びながら頭を掻くところは見たことありません。3枚めのウミネコさん、足に絡まったもののが取れてくれればいいのですが。同じような場所にいてもカラスは絡ませないようですね。
Commented by y_stork at 2007-08-25 18:46
これは、私たち人間が歩きながら手で頭を掻いているのと同じことですかね。痒いときは、別に立ち止まって掻いたりしませんね(笑)。

そう云えばカラスの足にテグスが絡まったりしているのを見たことがありません。やはり、カモメと比べて知能指数が勝っているということですか。


<< 幼  な  顔      テトラポッド上のウミネコ >>