「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景

stork.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 20日

帰ってきた ユリカモメ

朝まで降り続いた雨の中、ユリカモメが つぎつぎと舞い降りました。
こんな光景は、1月31日以来 50日ぶりで、いったい 今まで どこに行ってたのでしょう。

激しい雨で、流入する川の水嵩が増し、赤茶けた濁流が異様です。
試みに、この画像をプリントして マーカーで 1羽ずつ チェックしていったら、812羽 を 数えました。
このほかに 画面からはずれたものや、海面に浮かんでいるのを合わせると、1000羽 は 超えていると思います。
d0039021_18144246.jpg


d0039021_18145088.jpg


d0039021_1814574.jpg


d0039021_1815861.jpg


d0039021_18151546.jpg


ところが、昼食のため 目を離している間に、ただの1羽も 居なくなってしまって大慌て(笑)。
あとで確認したところ、金田漁港沖の 生簀の筏の上に移動しているのが分かって ひと安心。

夕方6時前、久里浜方向へ 帯状に連らなって飛んで行くのが見えました。
d0039021_1826380.jpg


by y_stork | 2009-03-20 18:25 | Comments(2)
Commented by lemon080911 at 2009-03-20 19:36
1000羽以上も戻ってきたのね^^
良かったですね♪
Commented by y_stork at 2009-03-21 16:06
これで ひと安心です。
一時は、ほんとに北へ渡ってしまったのかと気懸かりでしたが・・・。


<< 漁 港 に て No.4      コサギ & トビ の飛翔 >>