「カモメが舞う渚」 三浦半島 海辺の風景

stork.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 11月 03日

き ら め き No.1

図鑑等でよく目にする 「宇宙の大星雲」 の真っ只中にいるように見えました。
寄せる波に陽光が逆光気味に当たっているだけですが、コサギにとっては そんなことはどうでもいい話で、同じところでじーっと獲物が寄ってくるのを待ち構えているのです。
d0039021_13345533.jpg


# by y_stork | 2005-11-03 13:35 | Comments(4)
2005年 11月 02日

ユ リ カ モ メ No.2

ユリカモメは 夕刻前まで浜辺に残っていました。
沖合いには 数百羽の群れをなしてずっと滞留していましたが、海岸に来るのは まだ少数です。
こちらでは まだ ウミネコやセグロ・オオセグロカモメが多数派で、ひと回り小型のユリカモメとしては 数で圧倒するまでは もうしばらく海上で様子見ということでしょうか。
d0039021_18262425.jpg


# by y_stork | 2005-11-02 18:28 | Comments(2)
2005年 11月 01日

五  重  塔

d0039021_1824449.jpg三浦海岸から眺めた 横須賀・長沢の久里浜霊園に立つ五重塔。

昭和63年に建立された18.3メートルのコンパクトな塔ですが、
ロケーションが抜群で朝日に映えた荘重な姿が、京浜急行の
車窓から眺められます。

塔の前に立ったときの感動は特別なものがあります。
なにか崇高な精神性が感じられ、数十年前 京都の
八坂の塔を目にして以来、全国各地の塔を訪ね歩き
ました。

当地に越してきて三浦半島に五重塔があるのを知った
ときのうれしさには格別のものがありました。



d0039021_1810696.jpg


# by y_stork | 2005-11-01 18:13 | Comments(2)
2005年 10月 31日

共   存

ト ビ と コ サ ギ、カ モ メ と いっ しょ に 休 憩 中 。
d0039021_18114467.jpg


カラスも カモメといっしょに休みたいようなのですが、この異様さでは ちょっとネ ・ ・ ・。
d0039021_18195436.jpg


# by y_stork | 2005-10-31 18:21 | Comments(0)
2005年 10月 30日

カ ッ プ ル の 肖 像

なにか わけありのような暗い表情。 背後からの風で頭の羽毛が逆立っています。 ただし 雌雄のカップルかどうかは分かりません。
d0039021_17201225.jpg


こちらは 街角の写真館のウインドに掲げられていた退色した写真のように ほとんどセピア色になってしまいました。
d0039021_172483.jpg


お  ま  け
d0039021_17191557.jpg


# by y_stork | 2005-10-30 17:26 | Comments(0)
2005年 10月 29日

デ ュ エ ッ ト

唄っているデュオの二人は気分よさそうですが、まわりは 「聴かされるこっちの身にもなってよ!」 と言いたそうです。
d0039021_9233210.jpg


デュオ 「 あー、つかれた!」
聴 衆 「 こっちも つかれたよ!」
d0039021_9234689.jpg


# by y_stork | 2005-10-29 18:12 | Comments(4)
2005年 10月 28日

行   進

カモメさんの一列縦隊での行進です。 足どりも軽やかに。
d0039021_19394590.jpg


# by y_stork | 2005-10-28 19:39 | Comments(0)
2005年 10月 27日

や り き れ な い 光 景

海岸でカモメの写真を撮っていると、必ずと言っていいほど目についてしまう足を損傷した無残な姿 ・ ・ ・。 なんとか助けてやりたいと思いながらも無力な私にはどうすることも出来ず、せめてこういう事例を事あるごとにこのBLOGに公表することで皆さんにも関心を持っていただけたらと願っております。

片方の足首を失ったカモメと片足が萎えたカモメが隣り合って佇んでいたけど、ひょっとして私は以前に出会った全く同一のカモメに いつも遭遇していただけなのかもしれないと思うこともあります。 あまりに目にすることが多すぎるからです。

一体に、カモメは同一シーズンは大体同じエリアで過ごすと思われるので、これだって8月31日付のこの欄でアップしたのと同一のカモメの可能性もあると思います。
d0039021_1844322.jpg


上の写真を撮っていて、ふと上前方のウミネコの幼鳥の異常に気付いて撮り直したところ、
失った左足の付根からテグスが垂れ下がっている。

これも8月30日付のBLOGの写真と同一のカモメかも知れません。
大体、この写真を撮った場所が 前回と1キロほどしか離れていない距離なのです。

ということは、あれからこんな状態のまま今日まで元気でいてくれたんだと涙ぐみそうになりながらも、せめて テグスだけでも取り除いてやれないかと 一歩踏み出して手を差し伸べれば飛び去ってしまうし、なんともむなしい思いだけが残りました。
d0039021_18232625.jpg


# by y_stork | 2005-10-27 18:33 | Comments(4)
2005年 10月 26日

ミ ユ ビ シ ギ No.6

流し撮りをやってみましたが、シギさん達の足が速くて追いつけませんでした。
おまけに 足の動きを強調しようとシャッター速度を遅くしたので、こんなになってしまいました。
でも 早足で駆けている雰囲気は出せたかなと思います。
d0039021_1852742.jpg


半円の内側にいらっしゃる方が もう少し右に寄ってくれていたら面白い構図になったのですが、シギさんにはシギさんの考えがおありでしょうし ・ ・ ・。
d0039021_1810454.jpg


# by y_stork | 2005-10-26 18:16 | Comments(2)
2005年 10月 25日

啼 き 較 べ

三浦・上宮田漁港にて。
1羽が啼きはじめると一種の躁状態になって、まわりにいたカモメが数羽一斉に啼き始めました。
d0039021_18402166.jpg


# by y_stork | 2005-10-25 18:39 | Comments(0)